自賠責保険

自賠責保険ってどんなもの?

自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険といい、交通事故に巻き込まれた歩行者などの救済を目的につくられた保険で、1955年から自動車損害賠償保障法によって、車を運転する加害者側に対し、被害者に対する最低限の補償を法的に義務づけたものです。
この自賠責保険は自動車1台ごとに加入しなければなりません。

自賠責保険に入ると、保険会社から「保険標章」というステッカーを渡されます。このステッカーは自動車がフロントガラス、オートバイがナンバープレートと決められていて、このステッカーを貼り付けていない車は、公道を走ることができません。
もし自賠責保険に加入せずに自動車や原動機付自転車を運転していた場合は、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処せられます。違反点数も6点が加算され、運転免許の停止や取消処分にあうこともあります。また、運転中に自賠責保険証明書を携帯していなかった場合は30万円以下の罰金となります。

また、事故を起こした車がもし自賠責保険に加入していなかった場合は、賠償責任はすべて加害者が負わなければなりません。もし加害者にその支払い能力がなかった場合には、自動車損害賠償保障法に基づき、政府が被害者に自賠責賠償額の分だけの賠償額を支払い、後で政府から加害者に立替えた金額が請求されます。