自賠責保険の補償金額・内容

自賠責保険の補償金額・内容ってどんなもの?

自賠責保険は被害者に最低限の補償をするためのものなので、支払われる補償金額には上限が決められています。自動車を運転していて事故を起こし、他人にケガを負わせたり死亡させた場合、被害者1人につき、死亡時は上限3,000万円、傷害の場合は上限120万円です。後遺障害が残った場合は傷害の度合いにより、最低75万円から最高で4,000万円までとなります。
ただし、これらの賠償額は運転者の過失割合が70%を超えた場合は、過失割合に応じて20~50%の減額が適用されます。

交通事故死の損害賠償が1億円を超えることも少なくない現在では、自賠責保険だけでは賠償額にはほど遠く、これを補うために任意の自動車保険に別途加入することが一般的となっています。
つまり自賠責保険による補償は、事故を起こした場合に加害者が支払わなければならない最低基準を法的に定めたものなのです。

自賠責保険の主な補償内容は以下のとおりです。

○死亡した場合
合計限度額3,000万円以内で下記の内容が補償されます。
逸失利益/その人が生きていたら得られたであろう所得。
死亡した本人に対する慰謝料/350万円。
遺族に対する慰謝料/1名の場合550万円、2名の場合650万円、3名以上750万円。遺族に被扶養者がいる場合は200万円を加算。
葬儀費/60万円。60万円を超えることが明らかな場合は最大100万円まで。
死亡に至るまでの傷害/傷害の場合と同様。

○傷害の場合
合計限度額は120万円以内で下記の内容が補償されます。
治療費の実費、看護婦料の実費、付添婦料(医師が認めた場合)、近親者の付添看護(医師が認めた場合)。
入院看護の場合/1日につき4,100円。
自宅看護の場合/1日につき2,050円。
入院中の諸雑費/1日につき1,100円。
通院のための交通費の実費
休業損害/1日につき5,700円。5,700円を超えることが明らかな場合は最大1日につき1万9,000円まで。
慰謝料/実入院・実通院1日につき4,200円。

○後遺障害の場合
医師の診断書に基づき、後遺障害が認定されたうえで、後遺障害等級によって決められた限度額(最低75万円から最高4,000万円)の範囲で、傷害補償とは別途に下記の内容が認められます。
逸失利益/本人の収入と等級別の労働能力逸失率によって算出されます。
慰謝料/等級別に決められています。