任意保険

任意保険ってどんなもの?

大きな事故を起こすと、その賠償額は自賠責保険だけでは足りなくなります。また、自賠責保険が補償するのは運転者以外の対人賠償だけで、運転者や物損に対する賠償には適用されません。こうした自賠責保険ではカバーしきれない損害倍賞を補償するのが任意保険です。

任意保険ですから、どの保険会社のどの商品に加入するかは自由ですし、まったく加入しなくても法的に罰せられることはありません。
しかし事故によって相手に重い後遺症が残ってしまったり、死亡させてしまった場合には億単位という高額な賠償金が課せられることもあります。個人がそれだけの賠償額を支払うことはまず不可能で、賠償金のために自己破産してしまうこともありえますし、賠償金を支払えないと被害者にも多大な迷惑をかけてしまいます。そうした事情から、自賠責保険以外に任意保険に加入することが常識となっています。

任意保険は対人賠償に関しては、自賠責保険の倍賞範囲を超過する分にのみ適用されます。また物損に対する賠償や、運転者自身、あるいは車に対する補償は、自賠責保険にその機能が無いため、実質上、任意保険だけの補償となります。

任意保険には保険期間が1年単位のものが多いのですが、長期や短期の保険もあります。また、自動車を保有していないドライバーが個人で契約できる、自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)など、さまざまな商品があります。
保険料も自賠責保険が一律なのに対し、任意保険の場合は運転者の年齢、性別、地域、車種、走行距離、運転免許証の色などによって、加入者ごとに変わってきます。運転者の年齢が若いほど保険料は高くなりますし、運転者を限定したほうが安くなります。走行距離が短いほど安くなり、車の用途を限定すればさらに安くなります。

このように、商品や契約の仕方によって保険料や保障内容が変わってくるのも、自賠責保険にはない任意保険の特徴です。