自動車保険とは

そもそも自動車保険ってどういうもの?

自動車保険とは、自動車を利用中に起きた事故などによって発生した損害を補償する損害保険のことです。自動車保険には自賠責保険と任意保険の2つのタイプがあります。

自賠責保険は加入が法的に義務づけられているところから、強制保険とも呼ばれています。車検のある自動車や250ccを超えるオートバイの場合は、車検のときに自賠責保険も更新するのですが、車検のない250cc以下のオートバイの場合は契約期間を1年から5年までの期間で任意に契約しなければなりません。

任意保険は自賠責保険のような加入の義務はありませんが、自賠責保険だけでは補償範囲が狭く、補償金も少ないので、任意保険にも加入するのが一般的です。

任意保険は対人無制限補償など、自賠責保険にはない補償内容になっていますが、だからといって補償の厚い任意保険に加入していれば、自賠責保険は切れていてもいいかというと、そうではありません。
任意保険は賠償額から自賠責保険の補償額を差し引いた残額を補償するもので、たとえば死亡被害者への賠償金が1億円だった場合、自賠責保険3000万円+任意保険7000万円として支払われるものなのです。このため自賠責保険が切れていた場合、3000万円は自己負担となってしまいます。

つまり、自賠責保険と任意保険の両方があって、はじめて自動車保険は完全な損害保険として機能するのです。