搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は運転者も含め、同乗していた家族など、搭乗者が死傷した場合に補償が受けられる保険です。この保険は相手のある事故でも単独事故でも補償が受けられるうえに、もらい事故の場合は相手側からの損害賠償を受けたうえで、重複して保険金を請求することもできます。
ただし、当然のことながら、無免許や飲酒といった違法な運転をしていて事故を起こした場合は補償を受けることはできません。

この搭乗者傷害保険は人身傷害保険と補償内容が重複しています。両方を契約すると保険料が高くなるので、どちらかを選ぶケースが多くなります。補償が厚いのは人身傷害保険ですが、注意を要するのはその支払い方法です。
搭乗者傷害保険や人身傷害保険といった対人傷害保険の場合、どれも死亡保険、後遺障害保険、医療保険の三つから成り立っていますが、そのうち医療保険の支払い方法が、搭乗者傷害保険と人身傷害保険とでは違っています。

人身傷害保険の場合、補償額が支払われるのはすべての損害額が確定した後なので、治療中に保険金は受け取れません。つまり先払いとなる治療費は一時的に負担しなければなりません。
これに対し、搭乗者傷害保険の補償は即座に支払われるので、治療費を負担する心配はありません。どちらを選ぶかはよく検討したうえで決めるようにしてください。

さらに、医療保険の支払い方法には日数払いと部位や症状による支払いという2種類の支払い方法があります。日数払いは治療に要した日数に応じて保険金が支払われるもので、保険会社によって金額は違ってきますが、入院では1日15,000円、通院1日1万円というように、支払額が決められています。
これに対し、部位や症状によって支払う方法は、腕の骨折は40万円、首の鞭打ちは10万円と、怪我をした部位や内容で支払額が決められていて、入院や通院に要した日数によって支払い金額が変動することはありません。最近の搭乗者傷害保険の医療保険の支払い方法のほとんどは、後者の部位や症状によって支払うものですが、なかには日払いのものもあるので注意してください。