自損事故保険

自損事故保険

交通事故には必ずしも相手がいるとは限りません。運転手の過失による単独事故もあります。スピードの出し過ぎや、わき見運転で建物に衝突するといった単独事故などが代表例ですが、これらの事故は100%運転者の過失です。こうした自損事故で死傷者が出た場合に適用されるのが自損事故保険です。
また、赤信号で停車中の車に追突した場合なども、100%運転者の過失なので、死傷しても相手の自賠責保険や対人賠償保険による補償を受けることができませんが、自損事故保険に加入していれば補償を受けることができます。

自損事故保険は搭乗者傷害保険とは別に支払われ、その金額は保険会社によって異なりますが、死亡時は1,500万円、後遺障害の場合は50万円~2,000万円、介護費用の補償は200万円~350万円、医療費用の補償は日払いで入院時1日6,000円、通院時1日4,000円ほどです。

この自損事故保険は対人賠償保険に加入すれば自動的に付帯されている保険ですが、人身傷害補償保険に加入していればカバーすることができます。このため人身傷害補償保険に加入すれば自損事故保険は外して保険料を安くする保険会社もあります。
また、自損事故保険では100%運転者の過失がほとんどなので、保険金を請求するとノンフリート等級が3等級も下がってしまい、保険料が大幅に上がってしまいます。そのため、負傷の度合いが小さい場合は保険を使用しない運転者もいます。