人身傷害補償保険

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は無保険車傷害保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険の三つの保険をカバーすることができる保険です。歩行中の事故や、契約している車以外の車に乗っていて遭遇した事故で傷害を受けた場合でも補償を受けられます。また、契約者だけでなく家族も補償を受けられます。
同居家族のいない未婚者や、ほかの車に乗る機会が無い方の場合は、補償範囲を限定することで保険料を安くすることもできます。また補償金額も5,000万円程度から無制限まで、保険料に応じて幅広く選ぶことができます。

人身傷害補償保険の一番の特徴は、過失割合に関係なく実損分を補償できることです。交通事故では過失割合で相手との示談に時間がかかることがあります。また、入院費や通院費の確定に時間がかかることもあります。通常の保険ではその間に支払いを受けることができないので、それまでの入通院費や当座の収入などは自己負担で立て替えなければなりません。
しかし人身傷害補償保険では、傷害の状況から先に金額を算定し、加入者に替わって費用を立て替え、支払いを受けることができます。後日、示談交渉がまとまって相手側から支払われる保険金は、そのまま立て替えた保険会社に支払われる仕組みです。

このように人身傷害補償保険は契約した補償額を上限とした実費払いの保険で、その補償の範囲で治療費、休業補償、慰謝料など、実際に発生した損害額が支払われます。医療保障も搭乗者傷害保険のように部位・症状別による定額の支払いではなく、入院や通院の日数による日払いになります。

なお、事故が起きた時点で相手の過失が100%であることが明確な場合は、被害者の損害は全て相手の自動車保険で補償されるので、人身傷害補償保険は支払われません。ただし、相手が自賠責保険にしか加入していなかったために賠償金が足りなかったり、あるいは無保険だった場合や当て逃げされた場合には支払われます。