車両保険

車両保険

車両保険は契約した車が損害を受けた場合に補償を受けられる保険です。この車両保険には一般タイプとエコノミータイプの2種類があります。
一般タイプは免責なしで契約するもので、保険料は高くなりますが、他の車との事故はもちろん、当て逃げや単独事故でも補償が受けられます。また、盗難や、地震を除いた台風や洪水といった自然災害の場合も適用されます。エコノミータイプは保険料は安くなりますが、単独事故や当て逃げの場合は補償されません。

車両保険で注意しなければならないのは、経年に応じて車両の評価額が低くなっていくことです。数百万円で購入した新車も10年も経てば、その評価額は数十万円になってしまいます。補償は事故が起きたときの、その車の評価額に応じて支払われますから、同じ車に乗りつづけていれば、車両保険の補償額も低くなっていくのです。
加入者側から積極的に、車両の経過年数に応じて保険を見直していかないかぎり、保険料は変わりません。一般タイプからエコノミータイプへの乗り換えや、補償内容を落として保険料を安くするなどの見直しを怠っていると、支払っている保険料に見合った補償が受けられなくなることもあります。とくに保険料が高い一般タイプに加入した方は要注意です。

また、車両保険は車両自体を補償するもので、カーナビゲーションやアルミホイールといった追加装備は適用外となります。もしこれらの装備も含めた補償を受けたい場合は、装備が追加された時点で、その内容を保険会社に申請して追加の保険料を支払う必要があります。