対人賠償保険

対人賠償保険

交通事故で過失が認められず、相手方を死亡させたり、重度の後遺障害を負わせたりすると、賠償金が2億円にも達することがあります。自賠責保険による補償額の上限は死亡時で3,000万円、後遺障害の最高額でも4,000万円ですから、1億円以上も足りません。これを個人で返済することなど、とてもできません。
その自賠責保険ではカバーできない超過分を補填するのが任意保険の対人賠償保険です。この対人賠償の補償額は、たいていの保険会社では「無制限」になっています。

注意しなければならないのは、任意保険の対人賠償保険は自賠責保険に加入していることを前提とした保険であるため、自賠責保険分は支払われません。
たとえば相手方を死亡させてしまい、賠償額が8,000万円だったとすると、保険会社が補償するのは自賠責分を差し引いた5,000万円だけです。もし自賠責保険の契約が切れ、更新していなかった場合は、自賠責分の3,000万円は自己負担となります。

また、自賠責保険では運転者と車の所有者以外は適用範囲となり、事故を起こしたときに家族が同乗していて怪我を負った場合、その家族も補償を受けられます。
しかし任意保険の対人賠償保険では、家族の補償は別立ての搭乗者傷害保険などでカバーするようになっているので、そちらに加入していないと補償が受けられないことがあります。加入時には適用範囲にご注意ください。