対物賠償保険

対物賠償保険

自動車事故による賠償責任のうちでも、人的被害を除いた部分を補償するのが対物賠償保険です。自賠責保険は対人賠償しかないので、対物賠償は任意保険だけのものです。

対物賠償保険の適用範囲は、破損した相手の車の修理代や、標識、ガードレールの修復費用などはもちろん、事故でお店が破損した場合の店舗の修復代、休業を余儀なくされた場合の休業損害や、事故により廃棄しなければならなくなった商品の代金など、多岐にわたります。また、ペットなどの動物が事故に巻き込まれて死傷した場合の補償も対物賠償の対象です。

この対物賠償では対人賠償と同様に、過失の割合が大きく影響します。過失の割合は事故を起こした双方で、どちらがどのくらい悪かったかという割合のことです。過失割合が70%だったとすると、支払われる賠償金も70%になります。

対物賠償は保険会社や契約によって、1,000万円程度から無制限まで、補償額もさまざまです。補償額が少なくなれば保険料は安くなりますが、補償額を越えた分の賠償は自分で負担しなければなりません。店舗に飛び込んだり、鉄道と衝突して賠償額が数千万円にも上った事例があり、あまり補償額が低いものはお薦めできません。