自賠責保険

自賠責保険

自賠責保険は、強制保険ともいわれています。
法律でこの自賠責保険に加入していなければ、バイク、自動車、原動機付き自転車を運転することが出来ないというものです。
自賠責保険に入っていない車に関しては、厳しい罰則があります。
自賠責保険では、1事故1名につき志望3000万円、障害120万円、後遺障害が障害の程度に応じた75万円~4000万円となっています。
被害者に重大な過失があった、という場合には、減額支給となります。

しかし、自賠責保険は、自動車の運行によって他人を志望させたり怪我をさせてしまった場合に、補償されるというものなのです。
つまり、他人に対する補償だけで、自分に対しての怪我や自動車の修理代、またガードレールや電柱などの物損に関しては補償されないという保険なのです。

また人に対する補償があっても、自賠責保険の保険額を超える損賠賠償金を請求されたら?もうどうやっても払えない!という状態になってしまうでしょう。

自賠責保険で払いきれない人的補償、また物損の補償を補うというのが、任意保険になるのです。
任意保険に入っておくことで、大きな事故を起こしても補償を受けることが可能となるのです。