無保険者障害保険

無保険者障害保険

自動車事故の無保険者障害保険は、事故の相手が保険未加入者という場合に、補償を受けられるという保険になります。
車を運転している相手が、全て保険にしっかり加入しているかというとそうでもないのです。
未加入者と事故に合った場合、被害者が非常に苦しい思いをすることになります。

無保険者の車にぶつかられ、命を落とした高度障害を負った、という場合、加害者から十分な賠償を受けることができなくなります。
そういう場合に、無保険者障害保険に加入しておくことで、自分の身、自分の家族を守ることが出来るようになるのです。
その支給金額は自分が契約する対人賠償保険と同じ額になります。

しかし、無保険者傷害保険が対象とする無保険者の条件というものがあります。
任意の対人保険に加入していない、対人保険に加入していても運転者年齢条件規定にあっていない、事故の加害者が特定できない対人保険化入社でも保険額が被害者の賠償額に満たない、こういった場合は、無保険者傷害保険を受け取ることができます。

全ての方が、万が一のことを考えて、保険に加入してくれていればいいのですが、そうとは限らないのです。