対物賠償保険

対物賠償保険

自動車保険の対物賠償保険とは、対人とは別に、「物」に対する保険となります。
自動車事故で相手のものを壊してしまった、汚してしまったという場合、法律上加害者は、物に対しても損害賠償責任を負います。

ちょっとした車の破損や相手のめがねなどの場合はまだいいのですが、公共物を壊してしまったり、車に大きな破損をさせてしまった、という場合、その金額は非常に高額になります。
また商用車やバスなどに損害を与えてしまった場合には、さらに、休業補償なども賠償対象となるのです。
自賠責保険は人に対する補償のみですから、任意保険の対物賠償保険に加入していなかった場合、物に対する賠償も全て自腹、ということになるのです。
電柱やガードレールなどを壊した場合、その額は非常に高額になります。

ただ、対人賠償保険と同じで、対物賠償保険は他人の物に対しての補償となりますから、被保険者の物についてはカバーできないのです。
車庫入れに失敗したとか、壁を自分で傷つけたとか、そういった自爆に関しては、補償対象になりません。
自分の物や自分が傷つけてしまったものに対する補償は、また別に、車両保険という任意保険があります。