そもそも特約ってなんですか?

そもそも特約ってなんですか?

保険会社が扱う任意の自動車保険は、日本では長年、条件も保険料もすべて同じでした。ところが1998年に自動車保険が完全自由化になり、契約条件が同じでも保険会社によって保険料に差が出るようになりました。同時に各保険会社では独自のサービスや独自の商品を扱うようになりました。それが特約です。
このような経緯から生まれた特約ですから、保険会社によってさまざまなものがあり、A社にある特約と同じ内容の特約がB社には無いといったこともあります。また、同じ特約でも条件や保障内容、適用範囲が違っているものも少なくありません。

特約には大きく分けると基本となる保険内容を強化する特約と、保険料を安くする特約とがあります。
保険内容を強化するおもな特約としては、他者運転危険担保特約、臨時運転者特約、ファミリーバイク特約、弁護士費用特約、対歩行者等事故傷害補償保険特約、対物臨時費用担保特約、身の回り品担保特約、ペット搭乗中担保特約、形成手術費用補償特約などがあります。
保険料を安くする特約としては、子供特約、家族限定特約、等級プロテクト特約などが知られています。

こうした特約をうまく利用することで、保険料を安くしたり、必要な補償を加えたりすることができるのですが、なかには自分が加入している保険の内容も知らずに、ディーラーや代理店に言われるがままに更新を続けている人もいます。自動車保険の保険料は年間にすると数十万円にも達し、けして安いものとは言えません。
一度自分が加入している自動車保険の内容をチェックして、その保険が適正な内容か、無駄が無いかを確認することをお薦めします。そのためにも特約に対する知識は必要です。