他者運転危険担保特約

他者運転危険担保特約

他車運転危険担保特約は他車運転特約とも言われます。だれかの車を借りて運転中に事故を起こしたときに、車の所有者の保険ではなく、自分が加入している保険で賠償金を支払うことができる特約です。通常、一般的な自動車保険にはこの他車運転危険担保特約が自動付帯されています。
ただし、会社や事業用の車を業務上の理由で運転していた場合は適用されません。

保険は基本的に賠償責任が発生した場合に、それを補填するために支払われるもので、賠償責任が発生しなければ保険金は支払われません。たとえば対物賠償保険では、自分が所有している車を自分の責任で壊した場合は、自分で自分の車を壊したのですから賠償責任は発生せず、対物賠償では保険金は支払われません。そうした場合に支払われるのは自損事故保険や車両保険です。
だれかから借りた車で事故を起こした場合も、壊したのは人の車ですが、運転していたのは自分なので対物賠償の補償範囲にはなりません。また、自分の所有物ではないので自損保険の支払いもできません。こうした状況で支払いを受けることができるのがこの他車運転危険担保特約です。

補償内容や適用条件は保険会社ごとに違っているので、よく確認したうえで契約するようにしてください。