臨時運転者特約

臨時運転者特約

自動車保険に年齢制限を設けて保険料を安く抑えている加入者も少なくないと思います。しかし、ときには運転を自分より年下の誰かにまかせたり、車を年下の知人に貸したりすることもあります。そうした場合に、もしも運転していた相手が事故を起こしても保険の対象にはなりません。相手が他者運転危険担保特約に加入していれば、そちらから支払いが受けられますが、そうでなければ車を貸した本人が賠償を求められることもあります。

こうしたときに支払いを受けられるのが臨時運転者特約です。臨時運転者特約は加入者か、またはその家族以外の者が保険の対象となっている車を運転していて起きた事故を補償する特約です。
たとえば友人や知人に車を貸していたときに起きた事故に対しても保険金が支払われます。その際、運転者の年齢条件は関係しません。つまり保険の年齢制限から外れていても適用されるのです。
ただし、運転していた者が加入者の家族だった場合、あるいは加入者や加入者の家族が経営者で、運転していたのがその従業員だった場合は支払いは受けられません。

もし、契約した年齢制限より年下の友人や知人が、自分の車を運転する可能性がある場合は、運転者の年齢条件を下げて契約するよりも、臨時運転者特約を付けたほうが保険料は安くなります。また、この特約を付けると家族限定特約は付けられなくなるので、その点も検討したうえで選択するようにしてください。
また、この臨時運転者特約は、家族限定や加入者本人限定といった運転者限定特約を付けている場合は付けることができません。さらに、保険会社によっては、臨時運転者特約自体を取り扱っていない場合もあります。