子供特約

子供特約

自動車保険は年齢制限を加えて契約すると保険料が安くなります。30歳以上限定などで契約するとかなり割り引かれます。ところが子供が成長し、免許を取得すると加入者である親の車をたまに利用するようになります。
この場合、通常ならば保険の年齢制限を子供に合わせて下げなければ、子供の運転時に保険の適用が受けられなくなりますが、そうなると保険料は大幅に上がってしまいます。そんなときに便利なのが子供特約です。

子供特約は子供追加特約あるいは子供運転危険追加担保特約とも言われ、自動車保険の年齢条件を子供に合わせることなく、子供が保険の対象となっている車を運転していて事故を起こしたときにも、支払いを受けられるようにする特約です。年齢条件を下げるよりも、子供特約をつけた方が保険料が安く抑えられます。

ただし、子供特約を設けている保険会社では、子供に同居中の子供という条件をつけているものもありません。その場合は、子供が結婚して家を出た場合は適用から外れるので注意がいります。また、この特約は運転者本人限定の特約や、運転者夫婦限定の特約と同時に契約することはできません。
また、保険会社によっては契約車だけでなく、子供が友人の車を運転したりレンタカーを借りて運転していて事故に遭った場合でも、特約の適用範囲としているものもあるので、契約時に内容をよく確認するようにしましょう。