弁護士費用特約

弁護士費用特約

通常、保険会社は加入者が事故を起こした場合、担当者が相手方と示談交渉にあたります。ところが、事故の内容によっては保険会社が示談交渉ができない場合もあるのです。

日本では倍賞交渉は当事者である加害者と被害者の間で行われなければならないことが法的に定められていて、この業務を代行できるのは弁護士だけです。では、なぜ保険会社が示談交渉を代行できるのかというと、保険の加入者が保険会社に損害賠償を請求できるからです。加入者が保険会社に損害賠償を請求すると、倍賞は被害者だけの問題ではなく、保険会社の問題にもなり、保険会社も当事者となるのです。これにより保険会社は示談交渉を行います。

ですから加入者が保険会社に損害賠償を請求できないような事故では、保険会社は示談交渉を行うことができません。たとえば「もらい事故」などで相手側に100%の過失が認められる場合、あるいは賠償額が自賠責保険の範囲におさまってしまい、任意保険を支払う必要が無いような事故の場合です。
このような事例では、保険会社は加入者にアドバイスをすることぐらいしか、法的にゆるされていません。

相手が素直に賠償に応じてくれる場合は、それでも問題はないのですが、応じてくれない場合は自分で損害賠償請求を行うしかありません。しかし、こうした交渉は自動車保険や法律の知識がないと、なかなかうまくはできません。そんなときに役に立つのが弁護士費用特約です。

弁護士費用特約は弁護士費用等担保特約とも言い、相手方との示談交渉を弁護士に依頼したり、調停・民事裁判になった場合に必要となる訴訟費用や弁護士費用を負担してくれる特約です。
追加保険料は比較的安いので、万が一に備えて付けておくことをお薦めします。また、保険会社や商品によっては、最初から保険に組み込まれていることもあります。