対歩行者等事故傷害補償保険特約

対歩行者等事故傷害補償保険特約

事故を起こし賠償責任が発生すると過失割合いが問われ、保険の支払い対象となるのは、その過失部分のみです。たとえば事故による損害総額が1,000万円で過失割合が4:6、こちらに60%の過失責任があったとすると、支払われるのは600万円だけで、残りの400万円の賠償責任は被害者である相手にあります。
事故で誰かを死傷させてしまったときにも、対人賠償保険で支払われるのはこの過失が認められた部分だけです。対歩行者等事故傷害補償保険特約は、歩行者や自転車に乗っていた人、あるいは相手の車に同乗していた人が死傷した場合、この本来こちらには賠償責任の無い、被害者の過失分も保険金として支払う特約です。
とくに人身事故の場合は賠償額が大きくなり、過失割合いで示談交渉がうまくまとまらない場合も少なくありません。この対歩行者等事故傷害補償保険特約では対人賠償保険の保険金に上乗せして保険金が支払われるため、人身事故が敏速に解決しやすくなります。

この特約は対人賠償保険の支払いが前提となるもので、人身傷害補償保険を契約していなければ付けることができませんし、その支払い限度額は人身傷害補償保険と同額となります。また、加害者側に法律上の損害賠償責任が無く、対人賠償保険が支払われない場合は、支払いの対象とはならないので注意してください。