身の回り品担保特約

身の回り品担保特約

身の回り品担保特約は携行品損害担保特約とも言って、車両保険に付帯され、加入者とその配偶者や同居している家族が事故に遭い、携行していた身の回りのものに損害が生じた場合に支払われる特約です。
身の回り担保特約が適用されるのは、他車との衝突や接触による事故のほか、火災や水害などで被害を受けた場合でも適用されることがあります。

携行品の定義や支払われる金額は、各保険会社によって細かく決められているので、よく確認してから契約するようにしましょう。
おおまかな目安を言えば、携行品損害担保特約が適用される携帯品としては、ノートパソコンやカメラや携帯電話などがあります。現金や小切手、貴金属、クレジットカードなどは通常は適用されません。また、事故と関わらない紛失や、盗難被害に遭った携行品なども適用されないものが多く、支払われる金額は携行品1点につき10万円程度が限度で、時価額で支払われることが多いようです。