ペットプラス

ペットプラス

ペット搭乗中担保特約は、加入者やその家族がペットとして飼っている犬や猫が、契約している車に乗っている時に、事故に遭って死亡したり傷害を負った場合に、その治療費や葬式にかかる費用を支払う特約です。

このペット搭乗中担保特約は取り扱っている保険会社によって補償内容が異なっているので、詳細は個々の保険会社から資料を取り寄せて比較検討されることをお薦めしますが、搭乗者傷害保険によって保険金が支払われる場合にのみ、適用されることは共通しているようです。つまり搭乗していた人が誰も傷害を負うことがなく、ペットだけが死傷した場合は保険金は支払われません。

ペット搭乗中担保特約にはいくつかの制限があるものが少なくありません。たとえばペットの葬式は事故が起きた日から30日以内、治療費も事故が起きた日から30日間までの補償となり、補償額はそれぞれ10万円が限度としているものもあります。また、この限度額は一度の補償に対してではなく、保険の加入期間を通じての合計額となっているものもあります。こうした保険では、この日数制限や限度額を超えた分については支払われないので、注意してください。
なかには家族が事故で入院し、その間にペットシッターやペットホテルを利用した場合に、利用日数に応じてその費用を補償する保険もあります。また、ペットが起こした賠償責任を補償を付けられるものもあります。

ペットをよく車に同乗させて外出することがある方は、加入を検討されてみてはいかがでしょうか。