搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

自動車保険の搭乗者障害保険は、保険化入社の搭乗者(運転手や同乗者全てを含む)が事故によって死傷した場合、また障害を負ってしまった、という場合に保険金がしはらわれるという保険です。
この保険の場合、過失割合に関係することなく規定の額を受け取ることができます。
この保険にも、条件があります。

・非保険自動車以外の自動車に乗車中自動車事故で死傷
・歩行中等自動車事故で死傷
・規定の乗車方法で社内にいなかった

このような場合には、搭乗者障害保険は支払われません。

保険の支払い額は、その事故によって亡くなった、という場合と傷害を負ったという場合で異なります。
亡くなってしまった場合、保険の契約金額を受け取れます。
後遺障害の場合には、保険金の額以外に、後遺障害の程度によって、追加保険金が支払われます。

この搭乗者傷害保険は車の保険の等級に影響しない保険です。
等級を下げることなく保険金を受け取れますので、必ず請求しましょう。

車は一つの凶器となります。
鉄の塊ですから、どういう風に誰が傷をおうのか、またおわせてしまうのか、ということはわからないのです。

保険金の種類

自動車保険の中でも、搭乗者傷害保険の保険金は種類がたくさんあるので、ちょっと説明しておきます。

まず、死亡保険金です。
交通事故によって死亡した場合、契約上の保険金額の全額を受け取ることができます。事故発生から180日以内となっています。

シートベルト装着者特別保険金は、シートベルトをしっかりしていたのに、死亡してしまった、という場合に支払われます。
通常の保険契約の保険金全額と、それにプラスして保険金額の30%を上乗せした金額が支払われます。

後遺障害保険金は、交通事故によって後遺症が残ってしまった、という場合、その後遺症の程度によって保険金が支払われるというものです。契約保険金額の4%から100%です。
この場合も事故発生から180日以内という条件があります。

重度後遺障害保険金は、交通事故によって非常に重い後遺症が残り、介護などが必要な状態になってしまったという場合に、契約保険金額の10%に当たる金額を後遺障害保険金に上乗せし支払われるというものです。
加算分限度額は、100万円です。

医療保険金は、事故によって入院や通院となってしまったという方に支払われる保険金です。
保険契約金額の0.15%を受け取ることができます。
通院の場合は、0.1%。日額払いとなります。

医療保険金特約は、怪我の状況や症状により規定の額を先に受け取ることが出来るという保険金です。
保険料が安いのですが、内容としては医療保険金のほうが充実指定ます。