ダイレクト型(通販型)自動車保険

ダイレクト型(通販型)自動車保険を利用する。

自動車保険に加入するには、代理店を通して加入する方法と、通信販売によるダイレクト型自動車保険を利用する方法があります。通信販売では自分の判断で保険の内容を選び、直接保険会社と契約するため、代理店を通すよりもずっと面倒です。しかしその分、保険料は安くなります。ダイレクト型自動車保険は保険料が値上がりして以降、とくに注目されるようになりました。

ダイレクト型自動車保険は代理店を通さない分、代理店手数料がかかりません。それだけ保険料は安くなります。自動車保険は生命保険と違って1年の短期契約がほとんどです。短期契約なので生命保険のように年末の控除もほとんどありません。それだけに保険料が安くなるのは魅力です。

ダイレクト型自動車保険にはデメリットもあります。加入時に手間がかかることもありますし、代理店がいないので、事故を起こした場合なども自分で直接保険会社に連絡をとらなければなりません。また代理店による細かいサービスなども受けられません。そうしたところから、ダイレクト型自動車保険には不安があるという方もいると思います。
しかし最近ではダイレクト型自動車保険を利用する方が増えています。もちろん、現状の自動車保険や代理店のサービスに満足しているという方は乗り換える必要はありません。しかし、車を購入した時に代理店から薦められるままに自動車保険に加入し、漠然と何年も契約を更新してこられた方のなかには、自動車保険の見直しを検討されている方もいると思います。これを機会にダイレクト型自動車保険への乗り換えも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

通信販売による契約のメリットには、保険料の安さのほかに、営業の方と顔を合わせる必要がないので、気軽に何社も比較することができるという点があります。自動車保険がリスク細分化へ進んでいる現状では、いくつもの保険会社を比較できるメリットは、けして小さいものではありません。
リスク細分型の自動車保険では、保険会社ごとに加入者の年齢や運転歴はもちろん、自動車の使用目的や年間走行距離などさまざまな要素の評価が違っています。それによって保険料も保険会社ごとに違ってきます。一人ひとりのライフスタイルに応じて、自動車保険のコストと補償のバランスも一人ひとり違います。
より多くの保険会社を比較することで、自分に最適な保険会社を見つけることができる。それがダイレクト型自動車保険の最大のメリットと言えるでしょう。