車両保険 見直し

車両保険を見直す。

自動車保険の保険料を安くしようとしたときに、真っ先に車両保険を外すことを考える方も少なくないと思います。
車両保険は保険対象となる車両の時価評価額に応じて支払われるので、保険をそのまま継続して支払っていると、いざ支払いという時になって、思いのほか支払額が少なくなっていることがあります。コストと補償のバランスが崩れやすい保険でもあるのです。中古車を購入する方は最初から車両保険には入らないという方がほとんどでしょう。
それでいて高額な保険で、車両保険が有ると無いとでは倍ほども保険料が変わってきてしまうこともあります。

それでは車両保険など必要ないと簡単に言い切れるかというと、そうではありません。実際に車対車で事故を起こしたときに、車両保険は頼りになる保険でもあります。その理由は過失度合いが決定する前に、先行支払いを受けられるからです。
倍賞は過失割合によって賠償する額が決定します。たとえばこちらの過失が4割だったとすると、車の修理代もこちらが負担するのは4割だけでよく、残りの6割は相手の対物賠償で支払われます。ところが示談交渉の大半はこの過失割合でもめるのです。過失割合が決定しなければ保険金は支払われません。その前に車の修理が終わると、修理代の請求が来てしまい、一時的であれ、それを全額負担しなければなりません。そうした場合に、車両保険は過失割合に関係なく先行で支払われるため、負担が軽くなるのです。

では、車両保険を残したまま保険料を安くするには、どうしたらいいのでしょうか?
車両保険には補償範囲の広い一般タイプと、補償範囲を限定して保険料を抑えたエコノミータイプがあります。一般タイプでは車が破損した場合のほぼすべての状況で補償が受けられますが、エコノミータイプでは単独事故と当て逃げで車が破損した場合は補償されません。
さらに車対車タイプというものもあって、エコノミータイプよりもさらに保険料は安くなりますが、盗難や自然災害による補償も受けられなくなります。
車両保険を見直すのなら、自動車保険の更新時に、保険会社に自分の車の評価額を再算出してもらい、コストと補償のバランスを見極めながら、車両保険のタイプを乗り換えていく方法をお薦めします。目安としては、車種や保険会社による違いもありますが、新車購入から5年経過しているのなら、エコノミータイプのほうがバランスがとれるかもしれません。

ほかにも、免責金額を設定することで車両保険を安くする方法もあります。これはたとえば免責金額を10万円に設定した場合、10万円以下の修理代は支払われないという契約方法です。修理代に40万円かかった場合でも、10万円を差し引いた30万円だけ支払われます。
車両保険を請求するとノンフリート等級が下がって保険料が高くなるため、修理代が安く済む場合は、あえて車両保険を請求せず、自費負担で済ましてしまうこともあります。これを前提とするならば、車両保険に免責金額を設ける方法は魅力があります。