運転者を限定して割り引き

運転者を限定して割り引き

自動車保険の保険料を安くする方法として一般的なのが、保険の適用範囲を制限することで保険料を安くする方法です。なかでもよく知られているものに、運転者を限定する特約を付ける方法があります。

自動車保険は原則として対象となる車にかけられるもので、搭乗者にかけることはありません。その車が事故を起こして賠償責任が発生した場合は、誰が乗っていようと補償されます。しかし運転者を限定する特約を付けると、その特約で定められている範囲以外の人が車を運転していて事故を起こした場合、補償が受けられなくなります。そのかわり保険料は安くなります。

この運転者限定特約には、運転者本人に限定する特約と、運転者本人とその配偶者に限定する特約、運転者の家族に限定する特約の3つがあります。
運転者本人限定特約は、保険が受けられるのは加入者本人が運転していた場合だけですが、保険料がもっとも割安になります。独身の方、あるいは結婚していても家族に運転できる方がいない方は、この特約をお薦めします。
運転者本人・配偶者限定特約は、加入者本人とその配偶者が運転していた場合にのみ、保険が受けられます。結婚した相手が車を運転できるのなら、この特約がいいでしょう。保険料は運転者本人限定特約についで割安になります。
運転者家族限定特約は、加入者本人とその家族が運転していた場合に補償が受けられます。家族なら無制限というわけではなく、保険に記名した家族だけに適用されます。運転者限定特約のなかでは、もっとも割引率が低い特約です。

保険を契約するときは少しでも安いものをと考えます。しかしその結果、いざ事故が起きた時には役に立たなくなってしまったのでは、保険料を支払う意味がありません。限定特約はよく考えたうえで付けるようにしてください。