運転者の年齢を限定して割り引き

運転者の年齢を限定して割り引き

自動車保険の保険料を安くする方法として、運転者制限とともに知られているのが、適用範囲に運転者の年齢制限を与える運転者年齢条件特約です。

保険会社によって差はありますが、どの保険会社でも加入者の年齢が若い場合は保険料を高く設定しています。10代~20代の若年者層は運転経験が短いうえに、スピードを出したがる方も多く、事故を起こす可能性が高いからです。
運転者を無限定とすると、こうした年齢が若い運転者が利用する可能性も加味されるため、高くなってしまいます。そこでどの保険会社でも、これらの若年者層を保険適用者から除外することだ保険料を安くする特約を設けているのです。

また、それとは逆に加入者が高齢の場合でも保険料は高くなります。高齢者のなかには運転経験は十分なのですが、運動能力が衰えていたり、状況判断の能力が低下している方もいるため、事故を起こす可能性が高いのです。それで70歳以上の高齢者層を保険適用者から除外すると、保険料はやはり安くなります。こちらは高齢運転者不担保特約と言います。

運転者年齢条件特約には21歳未満不担保と、26歳未満不担保、35歳未満不担保とがあります。保険会社や車種や免許証の色などの条件によっても違ってきますが、21歳未満不担保と26歳未満不担保では、割引率はそれほど高くはなりません。35歳未満不担保になると大幅に割り引かれ、特約を付けない場合とでは保険料が2倍ほども違ってくることもあります。

割引率の高い35歳未満不担保ですが、この特約は保険適用者の年齢に応じて割引率も変わってきます。35~50歳までがもっとも割引率が高く、50歳を超えると割引率は低くなっていくので、注意してください。