安全装置のついた車で割り引き

安全装置のついた車で割り引き

車の安全性が高くなれば、それだけ事故を起こす可能性や、事故によって障害を受ける可能性も低くなります。そこで、車に安全装置が装備されていれば、それだけ保険料も割引きを受けることができます。

安全装置についての割引きは保険会社によって異なりますが、主ななものにABS割引、エアバッグ割引、デュアルエアバッグ割引、衝突安全ボディー割引、横滑防止装置割引、盗難防止装置割引などがあります。
車の安全装置は次々と開発されていますが、このほかの安全装置については、個別に保険会社に問い合わせ、割引きを受けられるかどうかを確認してみなければなりません。新しいものでは割引きを受けられないものもあります。

ABS割引、エアバックやデュアルエアバック、衝突安全ボディーなどは、装備されていると事故時に搭乗者の人身に対する障害を軽減するので、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、自損事故保険などから該当する保険料が割引かれます。
また、イモビライザー(盗難防止装置)などが装備されていると盗難事故に遭うことが少なくなるので、車両保険の保険料が割引きされます。
これらの安全装置が多ければ多いほど、自動車保険の保険料の割引率も高くなりますが、最新の安全装置が装備されている車は高級車なので、車両保険料もそれだけ高くなります。

車を購入した後に、オプションで安全装置を追加装備した場合は、当然のことながら、その都度保険会社に申告しなければ割引きは受けられないので注意してください。