年間走行距離と使用目的で割り引き

年間走行距離と使用目的で割り引き

リスク細分化自動車保険の契約で重要となるのが年間走行距離です。通常は5,000km未満、10,000km未満、10,000km以上に区分されていて、距離が少ないほど保険料は安くなります。年間走行距離は1年間に走る距離を予想するものですが、走行距離を予想しろと言われてもピンとこない方もいると思います。これは契約時のもう一つのチェック事項である、自動車の使用目的と合わせて考えると分かりやすくなります。

プライベートで休日しか車を使用しない方は、遠出をしなければたいてい5,000km未満で済みます。
通勤や通学にも車を使用している方は、10,000km未満にしておいた方が無難です。休日にしか車に乗らない方も、心配ならば10,000km未満にしておくといいでしょう。
頻繁に車で遠出をする方や、仕事で車を使用する方は10,000km以上になります。

保険料を少しでも安くしようと5,000km未満に設定する方もいると思いますが、これは1年間の走行距離ですから、気をつけていないと契約距離を超えてしまいます。契約距離を超えて走っていて、事故を起こすと補償が受けられなくなってしまい、走行距離の割引分など意味がなくなってしまいます。
5,000kmを超えそうな場合は、前もって保険会社に連絡し、契約の変更をして追加保険料を支払います。

またソニー損保では、契約距離を超えてしまった場合でも追加保険料の支払いがいらない「こえても安心サービス」や、契約距離に満たなかった分の保険料が翌年の保険料から割引かれる「くりこし割引」など、走行距離に関わるサービスが充実しています。