自動車保険はどこがいい?

自動車保険はどこがいい?

初めて自動車を買った!

満期になるけどもっといい保険はない?

今はいっている保険で大丈夫かどうか不安。

もっと保険料を安くしたい!


などなど、自動車保険ってなんだか難しくて実際のところどこがいいのか分からないことも多いですよね。

ここではそんなあなたのために、難しい話は抜きにして、結局どこがいいのかを書きたいと思います。

まず、自動車保険には大きく分けて、2種類あります。

ひとつは、代理店型、もうひとつは、通販型です。

それぞれにメリット・デメリットがあり、

代理店型は、事故対応時などにも代理店が間に入って親身にあれやこれやと動いてくれるので安心。その反面、通販型に比べると保険料は高い。


通販型は、とにかく保険料が安いのがメリット、でも契約内容について自分でしっかり選択して把握しておかないと、いざというときに使えなかったりする。

ですので、通販型と代理店のどちらを選ぶかというポイントは、保険料の安さを取るか、安心感を取るか。ということになってきます。

その点を踏まえたうえで、当サイトがおすすめするのは、
代理店型なら損保ジャパン。
通販型ならソニー損保。
となります。


代理店型の場合はもちろん代理店の規模や担当者さんとの相性等にもよりますが、全体的に親身な対応が期待できます。

ソニー損保はやはり保険料が安いのがメリット。
それでいて契約内容も充実していて、不払いなどのトラブルも少ないので安心感もあります。


逆に辞めておいた方がいいのは外資系の保険会社です。

自分で契約内容をしっかりチェックして、いざというときにもしっかり交渉できる!という方なら、保険料がかなり安くなるので、おすすめではあるのですが、外資系はかなりシビアなところが多いので、あまり自動車保険に関する知識がないという方にはいざというときに不払いなどのトラブルに遭遇することがあるのでおすすめできません。