国内と外資系ならどっちがいい?

国内と外資系ならどっちがいい?

自動車保険が自由化となって、たくさんの自動車保険が出来ました。
また、国内だけでなく海外の起業、海外の資本の外資系保険会社が参入し、私達加入する側も、たくさんの保険から選択することができるようになっています。
しかし、自動車保険というのは複雑で、金額も違いがあります。
選択する場合には色々なことを悩むことになりますね。

では、外資系と国内の自動車保険の会社の違いというと、どのようなことになるのでしょうか。
まず外資系自動車保険会社の場合ですが、まず、保険料が非常に安いという特徴があります。
現在国内で加入している自動車保険よりも30%程度は確実に下がる!というようなキャッチフレーズで、顧客誘導をしていますね。

国内の自動車保険も、以前に比べて非常が安くなっています。
とはいえ、外資系の自動車保険に比べるとやはり保険料が高いというイメージがありますね。
国内の自動車保険会社の場合、内容が充実している事、また満期の払戻金や積み立て型という保険も登場し、商品の多様化が進んでいるということになります。

外資系の保険会社でも国内の保険会社でも、その契約する保健の内容を自分でしっかり把握しておくことが大切ですよ。