代理店型かダイレクト型か?

代理店型かダイレクト型か?

従来の代理店型の自動車保険と比べて、ネットを使った通信販売のダイレクト型自動車保険のメリットは、何といっても保険料の安さでしょう。代理店を通さない分、その手数料がかからないので、ダイレクト型自動車保険は安くなります。
では、自動車保険に加入するときに代理店を通すのと、通さないのとでは、保険料以外に何が違ってくるのでしょうか。

代理店といっても、実際はいくつかタイプがあります。大きく分けてプロの専業代理店と、カーディーラーや旅行代理店など他の業務と兼務している代理店とがあります。担当にもよるので一概には言えませんが、おおむねプロの代理店のほうが保険の知識が豊富です。
代理店のおもな業務は、こうした保険の知識をもとにした加入者へのアドバイスです。加入時の相談はもちろんですが、たとえば事故を起こしたとき、倍賞を担当するのは保険会社で、法律上、代理店は口出しできません。しかし、事故直後の対応や、その後の処理状況については保険会社の担当に聞くよりも、代理店に問い合わせた方が詳しい話が聞けることがあります。また、事故や倍賞に関する書類を用意しなければならない場合でも、プロの代理店なら丁寧に相談にのってくれます。
代理店はこのように、保険や保険会社と加入者の橋渡しをするのが本来の業務です。

極論すると、自動車保険に加入するにあたって、代理店を通すかダイレクト型を選ぶかという選択は、この橋渡しの業務を必要としているか、していないか、また、その業務のために割増しで保険料を払うか、払わないかの差です。

ダイレクト型の場合はすべて自己責任で加入しますから、どの任意保険が必要か、どの特約をつけ、どれを外せばいいのかを自分で決めなければなりません。自動車保険に対する相応の知識が問われます。それは加入者自身が勉強しなければなりません。事故を起こせばなおさらです。
保険の知識に疎い方、車のビギナーで面倒くさいことが苦手な方は、保険料が高くなっても代理店を通したほうが無難かもしれません。また、すでにベテランのドライバーの方なら、更新時などにダイレクト型への乗り換えを検討されてはいかがでしょうか。