自動車保険の基本補償モデルケース

なににどれくらい補償があれば十分?迷ったらコレ!基本補償モデルケース

将来については預言者でもなければ分かりません。その分からない将来のためにかけるのが保険です。分からないものにかけるのですから、どの程度までかけていいものかも分かりません。自動車保険に加入する方たちを悩ませているもとですね。
自動車の利用の仕方は運転者によって一人ひとり違っています。それに応じて、自動車保険も本来ならば個々に違っていなければなりません。とはいうものの、自分の車の乗り方を客観的に評価できる人は多くはありません。ビギナーのドライバーなら、なおさらでしょう。
そこで、これがベストとはいわないまでも、ひとつの目安となる保険の内容を紹介します。

対人賠償と対物賠償は無制限としておくのがお薦めです。よもやという事故を起こしたときの備えとしての意味もありますが、補償が無制限とそうではない場合とでは、保険料にそれほど大きな差がないことが挙げられます。
人身傷害には必ず入っておきましょう。対人賠償や対物賠償は相手に対する保証ですが、人身傷害は自分や家族が怪我した場合の治療費の補償となります。人身傷害には補償の対象となる車に乗っているときのみに補償されるものと、歩行中や自転車に乗っているとき、あるいは知人の車に乗っていたときに事故に巻き込まれた場合でも補償される、より適用範囲の広いタイプがあります。とりあえず、自分の車に乗っているときのみを補償するものでかまいません。
車両保険は定番ともいえるエコノミー+A車両保険です。余裕があれば当て逃げされたときなどでも補償が受けられる一般車両保険がお薦めです。

また、もし対物超過修理費用特約があるのなら入っておくことをお薦めします。対物賠償は破損した対象の時価評価額に応じて、自分の過失分が支払われます。しかし、その修理代が評価額を上まわってしまった場合は、その上まわった分に関しても、自分の過失割合に応じて支払いを求められることが多いのです。この分に関しては対物賠償の適用範囲ではありません。このとき、その分を補償してくれるのが対物超過修理費用特約です。安いのでセットしておくといいでしょう。